病院のご案内

地域がん診療連携拠点病院

 坪井病院は、平成15年8月26日に“地域がん診療拠点病院”の指定を受け、その後平成20年2月8日に“地域がん診療連携拠点病院”の更新を受け、平成22年3月3日付で2回目の更新を受けました。
 がん診療連携拠点病院は、専門的ながん医療の提供等を行う医療機関の整備とがん診療の連携協力体制の整備を図るほか、がん患者に対する相談支援及び情報提供を行うため、地域がん診療連携拠点病院にあっては、2次医療圏に1カ所程度指定されております。
 地域がん診療連携拠点病院の指定要件の概要については、下記の通りとなっております。


資料 < がん診療連携拠点病院の整備に関する指針(厚生労働省)概要 >

がん診療連携拠点病院指定書

1.診療体制

  • (1)診療機能
    • [1] 集学的治療の提供体制及び標準的治療等の提供
    • [2] 化学療法の提供体制
    • [3] 緩和ケアの提供体制
    • [4] 病病連携・病診連携の協力体制
    • [5] セカンドオピニオンの提示体制
  • (2)診療従事者
    • [1] 専門的な知識及び技能を有する医師の配置
    • [2] 専門的な知識及び技能を有するコメディカルスタッフの配置
    • [3] その他(医師が専門性を発揮できる体制の整備)
  • (3)医療施設
    • [1] 年間入院がん患者数が1200人以上であることが望ましい
    • [2] 専門的ながん医療を提供するための治療機器及び治療室等の設置
    • [3] 敷地内禁煙等

2.研修の実施体制

  • (1)がん医療に携わる医師を対象とした緩和ケアに関する研修を毎年定期的に実施すること。
  • (2)がん医療に携わる医師等を対象とした早期診断及び緩和ケア等に関する研修を実施すること。
  • (3)診療連携を行っている地域の医療機関等の医療従事者も参加する合同のカンファレンスを毎年定期的に開催すること。

3.情報の収集提供体制

  • (1)相談支援センター
  • (2)院内がん登録
  • (3)その他(がんの種類や臨床研究の成果を広報すること)